1. HOME
  2. ブログ
  3. 仙台国際ハーフマラソン2024

仙台国際ハーフマラソン2024

今年も仙台ハーフマラソンに参加するため、姉妹都市である光州広域市の選手団が仙台にやってきました

左から、毎年来ている鄭琦善(チョン・ギソン)監督、6−7年?ぶり3回目の金永東(キム・ヨンドン)選手、初出場の朴美愛(パク・ミエ)選手です。金永東選手は43歳、朴美愛選手は2003年生まれの21歳

2024年5月9日 TOFA、韓人会、市役所のみんなで仙台空港に到着する3人をお迎えしました

横断幕には「光州広域市訪問団の皆様を歓迎いたします」と書いてあります

そして当日

TOFAと韓人会は、沿道で応援しました。

今回、「応援ナビ」というアプリで選手の追跡ができました。ランナーそれぞれのシューズに仕込まれたチップの情報により、地図上の位置を確認できるのです。複数の選手を登録できて、とても便利でした

そしてお二人とも無事完走

夜は姉妹都市交流会に参加しました。

今年は姉妹都市のうち、レンヌ、アカプルコ、ミンスクが参加を取りやめたので、アメリカ、中国、台湾、そして韓国の選手団による交流会です

会場には姉妹都市交流に携わる市民団体がたくさん集まって、大いに盛り上がりました

そして韓国チームみんなで記念撮影

そしてこの後は、2次会へ

韓国料理が食べたいとのことでテジマルに行きました

翌日もTOFA会員さん有志でのお別れ会が盛り上がりました

また来年もお会いできますように

2024年5月14日 仙台空港でのお見送り
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事